くまもんも応援!「日本酒フェア2016」に行ってきました

日本酒は冷やして飲むのが好きな県田勢です。6月18日、先日ご紹介させて頂いた池袋サンシャインシティで行われた「日本酒フェア2016」に行ってきました。

きき酒会と日本酒フェア

昨年と今年で異なった点は、入場者のチェックにリストバンドが使われるようになったこと。
日本酒フェア2これまで再入場の確認はチケットで行っていたので、これは大きな変化です。何かトラブルかインチキでもあったのかなと想像させられます。

3時間程でひと回り

第1部の開始時間は、公開きき酒会が10時から、全国日本酒フェアが10時30分からなので、きき酒会から入場します。
日本酒フェア6同じように考える人が多いようで、きき酒会は開始直後から混雑します。お目当てのお酒が無くなってしまう(後述)のを覚悟して、日本酒フェアから楽しむのも、ありだと思います。

会場はこんな具合。テーブルの配置は、毎年大きく変わりはありません。
日本酒フェア7「順番に回るぞ!」と決めても良し。空いていそうなブロックを探しながら回っても良いでしょう。

400本以上も用意された日本酒ですが、全部を飲むことは到底できないので、冊子とラベルを参考に、数本に1本くらいの割合で飲んでいきます。それでも全部のブロックを回るのに3時間近くかかりました。

その中には残念なことに、品切れの日本酒も…。
日本酒フェア5ブロックを回る順番が遅かったこともあるのでしょうけど、もう2・3本多めに用意して欲しいですね。

試食だけでもお腹いっぱい

日本酒フェアでは、各都道府県の酒造組合や団体が出展しています。
日本酒フェア8日本酒の試飲や、おつまみの試食もできる上、気に入った品はその場で買うことも可能。おつまみ販売コーナーやイートインコーナーもあるんですが、試食するだけでも随分お腹にたまります。

日本酒フェア4日本酒フェア3こうした場で活躍するのが、ご当地のゆるキャラ。有数の人気と知名度を誇る熊本県のくまもんが来ていました。

日本酒フェア1このイベントは、保護者の同伴があっても、未成年の入場は禁止です。なので子供達の歓声は聞こえませんでしたが、くまもんの注目度は高かったですね。

こちらの第1部は14時で終了。ギリギリまで粘りつつ、気に入った日本酒やおつまみを仕入れてきました。後日、ゆっくり味わいたいと思います。