これで見納め!8月下旬(8/20・8/27)に開催する関東近辺の花火大会2016

ディズニーの花火が小さく見えているところに住んでいる県田勢です。距離が遠いと「あ、鳴ってる」くらいで済むのですが、もっと近くに住んでいる人はどうなんだろうかと。
8月も半ばを過ぎたものの、まだまだ各地で花火大会が開催される。そこで今回は、8月下旬に関東近県で行われる予定の花火大会を紹介しよう。

神宮球場にはAKB48も来るよ

神宮外苑花火大会(20日 19時30分~20時30分)
場所取りや周辺の混雑なども含めてニュースになることが多い「神宮外苑花火大会」。芸能人ゲストが来るのも恒例。最も高い神宮球場のアリーナSS席は7000円だ。

神宮外苑花火大会サイト
http://www.jinguhanabi.com/

調布‘夏’花火2016(21日 18時30分~19時50分)
近くに日活調布撮影所のある多摩川近辺で開催。テーブルS(肘掛けイス付きのテーブル4人席)2万円や、布田升(10人シート席)4万5000円などがあるが、執筆時点(8月14日)では、ほぼ売り切れ。布田イスA(パイプいす)3000円などが、わずかに残っている程度。

「調布‘夏’花火2016」サイト
http://hanabi.csa.gr.jp/

流山市と三郷市で

第40回流山花火大会(20日 19時00分~20時20分)
流山市では、第14回三郷花火大会との同日開催で、「第40回流山花火大会」を実施。
WS001290第40回流山花火大会
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/tourism/9283/001859.html

第14回三郷花火大会(20日 19時~20時30分)
こちらの三郷市営グランド(江戸川運動公園)と、流山花火大会の江戸川沿いとの直線距離は約3㎞。あっちで上がり、こっちで上がりの豪快な景色が楽しめそうだ。

第14回三郷花火大会(2016みさとサマーフェスティバル)
http://www.tonbi.biz/hanabi/

東京と神奈川で

第75回川崎市制記念多摩川花火大会(20日 18時30分~20時)
1929年に第1回が開催された「第75回川崎市制記念多摩川花火大会」は、「第38回世田谷区たまがわ花火大会」と同日開催。こちらは多摩川の東急田園都市線と第三京浜道路を挟んだ辺りで花火を打ち上げる。
WS001294川崎市観光協会「第75回川崎市制記念多摩川花火大会」
http://www.k-kankou.jp/topics/detail.html?CN=173414

第38回世田谷区たまがわ花火大会(20日 19時~20時)
こちらは、川崎市多摩川花火大会のやや上流で開催。直線距離は流山・三郷よりも、さらに近く2㎞くらい。どちらも有料席はほぼ売り切れで、1人席が少し残っている状況。

第38回世田谷区たまがわ花火大会
http://www.tamagawa-hanabi.com/

8月最後の週末も楽しもう

9回ツーアウトでも、土俵の俵に足がかかっても諦めてはいけない。最後の週末にも花火大会は開催されている。

第66回湘南ひらつか花火大会(26日 19時~20時)
相模川の河口から相模湾に面する場所で開催される。規模こそ他の花火大会に比べて小さ目(約3000発)ながらも、他と日程が被っていないのがうれしい。

第66回湘南ひらつか花火大会
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kankou/hanabi-index.htm

第42回金沢まつり花火大会(27日 19時~20時)
八景島シーパラダイスの向かい側、海の公園で開催。横浜市内にある海水浴場との地の利もあって、毎年大勢の人出でにぎわう。
WS001291横浜市金沢区「第42回金沢まつり花火大会」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/chishin/chikatsu/2016hanabikaisai.html

相模原納涼花火大会(27日 19時~20時15分)
相模川の上流高田橋付近にて開催。市民協賛者席(1名:2500円、5名:1万円)など、執筆時点(14日)で、こちらのチケットはまだ残っているので、早めにどうぞ。
WS001292相模原納涼花火大会
http://www.sagamihara-hanabi.jp/index.html

ひがしまつやま花火大会(27日 19時~)
東武東上線高坂駅そばの都幾川リバーサイドパークにて開催。入場料などはないものの、会場各所に募金箱を設置するとのこと。余裕のあるひとはタップリ、ない人は少々でも協力しよう。
WS001293東松山市観光協会「ひがしまつやま花火大会」
http://www.higashimatsuyama-kanko.com/10.html

※トップ写真は足成_サカタノタネ