何故幸せになる!?ジューンブライドの意味や起源とは

女性なら誰もが一度はあこがれる「ジューンブライド(june bride)」という言葉。結婚式をするなら雨が降ろうが槍が降ろうがジューンブライドで!という女子も少なくありません。

自分が結婚するわけではなくても友人知人が「ジューンブライドなんだ~♪」と聞けばなんとなくリア充感に圧倒されつつも「わぁ☆ジューンブライドなんて素敵☆おめでとう♪」と脊髄反射的に祝福してしまう威力があります。

そんな「ジューンブライド」には一体どんな意味が含まれているのでしょうか?

ジューンブライドとは?

横文字なので当然ですが「ジューンブライド」は海外から来たブライダルカルチャーです。「ジューンブライド(june bride)」=「6月の花嫁」という意味を持ち、6月に結婚した花嫁は幸せになれるという風習がありました。

そのルーツはローマ神話の結婚をつかさどる女神「JUNO」の守護月が6月(JUNO)であった事や、ヨーロッパの季節で6月が一番雨が少なく、農閑期となるため結婚式が解禁になる為など諸説あります。

JUNOは大地の女神でもあるため、JUNOの祝福を受けると言う事は未来の実りを約束されるという事でもあるので、6月に結婚する事はヨーロッパの人々にとってとてもめでたい事でもあったのです。

日本でジューンブライドが取り入れられた理由

日本での「ジューンブライド」は日本のブライダル業界が取り入れました。

ジューンブライドという異国の言葉と「幸せになれる」というロマンティックなキーワードが、とにかく縁起物を重視する日本の花嫁たちの心をグっと掴み、またたく間に広まり月の式場への予約が増えたという事実があります。

これにガッツポーズをしたのはブライダル業界でした。ご存知の通り日本での6月は梅雨の時期。晴れたら晴れたで真夏のような蒸し暑さの日もあります。

もともと日本で結婚式が多いのは3月~5月、10月~11月が一般的でした。6月は梅雨、7月8月はとにかく暑いという事で結婚式は敬遠されてきていたのです。

ブライダル業界はヨーロッパのジューンブライドを日本でも取り入れ、6月の予約数を増やそうと画策しました。かくして、もくろみはあたり、ジューンブライドの6月は結婚式シーズンの仲間入りを果たしたというワケなのです。

ジューンブライドの善し悪し

とはいえ、はやり梅雨時、しかも近年はゲリラ豪雨などという気象もある事や、実際過去に行われてきた「梅雨時のジューンブライド」の体験談などが広まり、一年を通しての人気順位で6月は12ヶ月中の9位とお尻から数えた方が早い位置となっています。

やはり日本で6月の花嫁になるのは難しいのでしょうか?ジューンブライドの人気に陰りがあるのも事実ですが、予約が少ない時期ならば「割安になる」というメリットもあります。

ヨーロッパのガーデンウエディングに憧れて外での挙式にこだわりすぎなければ、室内でもちゃんとした結婚式や披露宴をする事も出来ます。

自分だけの結婚式と考えず、祝福してもらえる結婚式、来てもらえる人に喜んでもらえる結婚式のプランを考えればみんなが幸せになれるジューンブライドになる事でしょう!