音楽家 鈴木未知子さんインタビュー~ヒョウドウくんが行くVol.4~

編集部員ヒョウドウが、船橋の人にインタビューする「ヒョウドウくんが行く」の第4弾。

「マリンバ」と「カヌーン」というちょっと聞き慣れない楽器を操り、都内と船橋で作曲・演奏活動をし、船橋で音楽教室もしている女性音楽家。

その熱い演奏の裏には独特のクールな一面をお持ちでした。

Q.4月のきららホールでのコンサート以来なので半年ぶりでしょうか。まず始めに音楽に興味を持ったきっかけを教えてください。

A.
そうですね、あれがバースデーリサイタルだから半年ぶりですね、ご無沙汰しております。興味をもったきっかけなんですが、実は特にないんです。小学校のときの先生に「やってみないか」と一こと言われて何気なしに始めたのがきっかけなんです(笑)。初めはボンゴでした。でもピアノとかと違ってオーケストラ(管楽器と打楽器による組織)だったので、みんなで協力して一つの物を作ることが楽しくてすぐに夢中になりましたね。

DSC00241s

Q.打楽器が好きになっていったのはわかりました、ではその中でなぜマリンバに興味をもったんですか?

A.
うーん、いろいろありますが、一番は自分1人で演奏できるということですね。本当は「木の温かみがある深い音色に惹かれて」なんて言うのが良いんでしょうけど(笑)。

音が好きだから選んだのは間違いないんですけどね。マリンバはソロも、メロディーも、リズムも、アンサンブルも、すべてをこなせる万能型打楽器なんです! 誰かがいなくても黙々と練習に打ち込める、音楽に没頭できる楽器だったからもあります。

Q.都内と船橋でライブをされていますが、それぞれどんな意味でやられてるんですか?

A.
何年か前まで、都内は自分の普段の練習の成果を出す所、船橋は地域活性化でみんなが集まって楽しい場所を作ろうという、感じだったんですね、でも「空」という船橋駅近くのライブ・ステージがなくなってから、徐々に気持ちに変化が出てきました。

知らないところで演奏する機会が増えて、都内も船橋も変わらなくなりました。ただ、船橋で演奏するときは都内で演奏するよりも曲の構成にチャレンジができるので、都内の緊張感とはまた違う緊張感もあって、それをシャッフルすることで自分を高めていってる感じですね。地元への恩返しとか地域活性なんて大それたことではなく、船橋で学ばせてもらってるんです。

Q.なるほど「緊張感のシャッフル」いつものフワフワした感じとは打って変わってとてもストイックなんですね! ここでちょ~とだけつっこませてもらいますね! マリンバってマニアックで一般の方たちにあまり注目されてないですよね? 他の楽器に変えようと思ったことはないですか?

A.
高校生の1年生の時にマリンバを知り、大学1年生の時に実際に会ってお話しした 「マリンバのマザー」と呼ばれ、世界で活躍されている安倍圭子さんにお会いしたとき、「この楽器を一生演奏したい」と思ったんです。

それまでの私の人生が安倍さんのお話しとシンクロする部分が多々あって。でも彼女に追いつきたいとか超えたいとかではなく、彼女のすべてを世の中に発信し続けたいという気持ちが、自分の根底にあるんです。だからそれ以外のことは正直どうでもいいんです。私個人の評価とか聞こえてこないんです。私が行う全ての行動はそこにつながっているんです。それが私のマリンバの世界です。

Q.ご自身で作曲された「The Dawn Colors」は、船橋の漁港をイメージして作られたそうですが、どのようにできた曲なんでしょうか?

A.
小さいころに漁師さんから「仕事は命がけでいつも張り詰めた中でいる。そんな仕事終わり、明け方に登り始める太陽がとてもきれいで緊張から開放され癒される」と聞いたことがありました。その光が徐々に登るイメージをトルコの伝統的なリズムを混ぜ作り上げたのがマリンバで奏でる私の船橋漁港のフォルムです。

Q.それで題名が夜明けの色なんですね。素敵なネーミングですね!最後に、船橋の良い所を世界にむけて発信してください!

A.
良い所はちょうど良い距離感です。私自身生まれも育ちも船橋なんですが、都内に生まれて育ったら人が多すぎて人間関係が疎遠になりそうだし、もうちょと田舎だと生徒数が少なくて友達が多くは作れなさそう。あ、これは勝手な私のイメージです(笑)。

あとは音楽に恵まれていることでしょうか。船橋って、学生たちの音楽活動が盛んなんですよ。音楽系の部活動も強い所が多いし! 今私がこうして活動しているのも、船橋育ちの影響は大きいと思います。

DSC00267s
鈴木未知子さん  1986年4月18日
千葉県船橋市出身

ブログ マリンバ未知子
作品 組曲「F」より 1.The Dawn Colors.

演奏予定
10/17(土)きらきら夢広場@船橋本町通り
スクエア21前 12:30~12:50
野村証券前 14:30~14:50

撮影場所ご提供:市民文化創造館(きららホール)

10/18(日) Abu-Dhabi#8@四軒茶屋
Open18:00/Start19:00