アイコス(iQOS)とエミリ(EMILI)をタバコを吸わない人間がなぜか徹底比較!

巷で大流行しているアイコス(iQOS)。今年の4月にアメトークで紹介されたことをキッカケに、喫煙者なら知らない人は居ないんじゃないかと思えるくらいの商品で絶賛入手困難中。たまに地方のコンビニで何事も無く売ってることもあるそうですね。

対して、比較するエミリ(EMILI)は新進気鋭(かどうかわからないけど)の電子タバコ。売り切れで手に入らないアイコスを尻目に今後人気が高まっていくかもしれない注目の商品です。

そんな商品を何故かタバコは吸わず、アイコスにもエミリにも1ミリも興味が無い人間が比較してみました。

 

アイコス(iQOS)とエミリ(EMILI)の比較表

比較項目 アイコス(iQOS) エミリ(EMILI)
充電時間 満充電で1.5時間 満充電で3時間
スティック使用回数 20~40回程度 30回程度
充電方法 USBケーブル USBケーブル
本体バッテリー容量 2,900mAh 1,300mAh
本数 1本 2本
価格 9,980円 5,000~7,000円前後
店舗毎にバラバラ
専用タバコ/リキッド 460円 1,000円以下
リキッド(味)の種類 4種類 数十種類
使用回数 1回毎 1スティック15回程度×2本
保証期間 半年間 3ヶ月 ※無い所も多い
ニコチン 有り 無し
タール 無し 無し
タバコ度 まあまあ 低め
水蒸気の量 ほぼ無し とても多い
オシャレ度 普通 高い
色の種類 ブラック、ホワイト ブラック、ホワイト、シルバー、ウッド
重さ 約120グラム 約160グラム
味・匂い 擬似タバコ臭 リキッド毎のフレーバー
見た目 タバコみたい タバコみたい
禁煙場所での罰則 明確には無し 明確には無し
タバコ吸うんじゃねーよ!感 有り 有り
非喫煙者からの冷たい視線 有り 有り
禁煙席での注意 有り 有り

◆アイコス(iQOS)とは

DSC_0460米国のフィリップモリスが2,500億円を掛けて開発をした新スタイルのタバコです。ヒートスティック(通常のタバコの部分)から出てくる煙は水蒸気で、擬似タバコとして香りや味を楽しむアイテムです。アイコス最大の特徴はこの水蒸気で、タバコに較べて有害物質が90%程除去されている点でしょう。

健康を考えて少しでも害を減らすために吸う人、タバコを止めるステップとして使う人、周りから勧められて試す人、色々あるかと思いますが、実は子どもや家族、職場などから発せられる冷たい視線から身を守ってくれるアイテムとして価値があるものかもしれません。

【非喫煙者からの一言】
90%有害物質が除去されているらしいけど、残りの10%が体に悪い影響を強く与えるものだけが残ってたら意味ないよね、的な。

◆アイコス(iQOS)の特徴

上に挙げたように、有害物質が90%程度除去されるようです。火を使わず加熱をするためタールの含有量はゼロ、部屋の壁紙が黄色く汚れることも無いでしょう。

アイコスにはニコチンやタールの表記はありません。いずれも火を使った場合にどの程度有害物質が発生しているかを示す為、火を使わないアイコスでは測定不能なのです。なお「煙草の葉」は使用するので、若干ながらニコチンは含まれています。

◆メリット

・服などに匂いがつかない
・減煙に成功
・タバコ程健康を害さない
・部屋が黄色くならない
・灰がでない(ゴミは出ます)
・火事にならない
・吸った後のダルさがない
・周りに迷惑がかかりにくい

【非喫煙者からの一言】
臭いが少ない、有害物質も少ないなど、受動喫煙のリスクが減ったのはありがたいですね!

喫煙者はタバコを吸う事でストレスを軽減しますが、非喫煙者はタバコの匂いや吸ってる姿でストレスを貯めますからね。通りすがりのタバコの臭いは殺意すら覚えます。そんな要素がなくなるのは素敵です。

デメリット

・充電が必要
・1度使用すると6分程連続で吸えないペナルティ的なものがある
・本体が高い
・微妙な匂いが香る
・6分間の使用、もしくは14回ふかす程度の制限有り
・吸い始めるまでに20秒程準備期間が必要
・掃除がめんどくさい
・実はコストが掛かる

意外とコストがかかるのです。
20本入のヒートスティックが460円、通常のタバコが400円前後でほぼ同じですが、アイコスは本体キットが約1万円です。もう1つ気づきにくいのですが、本体キットのバッテリーは1日20本吸うと仮定した倍、1年程度しか持たないのです。1年に1回本体を買う必要があるのです。

【非喫煙者からの一言】
無駄にアイコスに詳しくなってきた。コストかかりますね~。税金として収められるなら良かったのに。

銘柄の種類と味

・レギュラー
深く豊なたばこの味わい。
4つ有る銘柄の中で一番人気で最もタバコに近いと言われているもの。パンチを求めるならレギュラーが良いそうです。焼き芋臭がするという情報をよく聞きます。

・バランスド レギュラー
バランスの取れたタバコの味わい。レギュラーよりも軽いので元々重めのタバコを吸っている方には物足りなさを感じるかもしれません。

・メンソール
非常に強いメンソールで清涼感・爽快感は十分満足できるレベル!タバコのメンソールを好む方のための味と言ってもいいでしょう。

・ミント
メンソールを少し弱くした感じ。爽快感は感じられますが、喉越しは弱く人によっては満足度は低いかもしれません。

【非喫煙者からの一言】
特に美味しいという感想もなく。4種類しかないようだけど、ポテチみたいにポンポンいろんな味出してみたら面白いのにと。

ちなみに、マルボロ以外の種類は今のところ出る予定がないそうです(2016年7月29時点)

アイコス(iQOS)の値段

アイコスの本体キット:9,980円
ヒートスティック:460円
※本体は、1日20本数換算で1年しか保たないので要注意!

7/29時点でも4600円OFFキャンペーンはやっているみたいですよ。

 

エミリ(EMILI)とは

エミリとは

脱タバコ!脱ニコチン!として最近陽の目が当たってきた電子タバコ。2本入りの電子タバコで大きさはほぼタバコと同等ですが、煙の量が多くとにかくオシャレ!カラーも4色から選べる点は女性にも高評価です。

リキッドと呼ばれるフレーバーが数十種類も用意されており、タバコの減煙効果はもちろん選べる楽しさも評価が高いです。2本セットなので交互に楽しめるのもポイントで、フレーバーにはメンソールやマイセンの他、フルーツやミント、ドリンクなど複数から選べます!

エミリ(EMILI)の特徴

まずはニコチン・タール・一酸化炭素が発生せず有害物質が少ないことでしょう。煙は出ますが、タバコのように火を使って燃焼によるものではなく、リキッドと呼ばれる液体を熱した水蒸気が大量に放出できて満足度を高めてくれます。
リキッドの種類が豊富で女性向きのリキッドが多い点も大きな特徴ですね。

※中国産のリキッドは発がん性物質が含まれているものがあるので注意が必要。

【非喫煙者からの一言】
「エミリ」と呼ぶシチュエーションを間違えると面倒なことになるかもしれないと、よく分からないことを思い浮かべ始める。

メリット

・ケースが小さい(縦:119.6mm x 横:59.6mm、約160グラム)
・オシャレ
・煙の量が多いため吸っている感がある(爆煙!)
・有害物質が少ない
・リキッドの種類が豊富
・匂いがつかない
・ゴミが出ない

デメリット

・充電が必要
・リキットの補充が手間
・しかもちょっとやりづらい
・定期的にメンテナンスが必要
・ボタンを押しながら吸うのでタバコのように吸えない
・同じすティンクを使用し続けるため衛生面が不安。特に夏。

【非喫煙者からの一言】
全く興味が無いエミリにどんどん詳しくなっていくのを感じる。

 リキッド(フレーバー)の種類と味

エミリリキッド種類
タバコにも多いメンソールやマイセンの他、グレープフルーツやピーチ、マスカットと言った柑橘系のフルーツ、ミント、ドリンク系、チョコレートといったものまで多種多様なリキッドが用意されていました。選べる楽しさと女性好みの味は嬉しいですね。

エミリ(EMILI)の値段

エミリ本体:5000~7000円前後が多い
リキッド1本辺り:1500円前後
アトマイザー(リキッドを注入する専用部品:1000円以下

 

さて、タバコを吸わない人間がまとめたアイコス(iQOS)とエミリ(EMILI)の比較記事、如何でしたでしょうか。

タバコには興味はありませんでしたが、電子タバコもやっぱり興味は沸かずに終わりそうですが・・・、非喫煙者の中では日本で3番目くらいにアイコスとエミリに詳しい人になった気がします。なお比較項目は個人の主観が大いに入っておりますがあしからず。