幸せは増えているのか減っているのか

同期のようで友達でもあり

ライバルでもある同じ年のB型

そんな仲間が何人かいる

 

ちょこちょこ連絡は取るが

滅多に会うことは減った

 

そんな中の1人が今度ラーメン屋を始める

 

すごい決断だと思う

さすがにあの頃のように子供ではなく

 

それなりに大人たちのズルい部分を

嫌というほど見てきた僕らだから

余計にすごいと思った

 

どう生き抜いていけば良いか

それを知っているのに

敢えて、いばらの道をこの歳から進むなんて

 

いたたまれず今日、様子を見に行ったが

彼はあの頃のような

キラキラした眼で笑っていた

 

もちろんいろいろ考えての出店だと思うし

世の中はそんなに甘くない事も知っている

 

それでもまたあの毎日を思いっきり楽しんでいた

あの時のあの笑顔になれるとは。

 

くだらないしがらみとか

おかしいと思うことをおかしいと言わないで

そうですねと生きている自分と重ねて

何かに甘えている分だけ

自分の中の大事な何かを捨てていっている

そんな気もした六本木からの帰り道

人の応援なんかしてる場合ではない

自分がまずは楽しまないといけない