競馬×オートレース、二刀流のプロ予想士が明かす「負けないコツ」とは?

日本が誇るギャンブル・シティ船橋。

市内に、2つの競馬場+1つのオートレース場、合計3つの公営ギャンブル場がある(※)。

その権化と言える勝負師が、予想士の川村栄一さんだ(船橋ケイバにて取材)。

ミスター船橋が45年間守る自分ルール

SONY DSC

川村さんは、ふなばしオートで45年以上、
船橋ケイバで35年以上、
場立ちで予想を売る「二刀流」の予想士だ。

競馬とオート、両方で活躍する予想士は、今ではただひとり。

ギャンブラーたちは敬愛を込めて、彼を「ミスター船橋」と呼ぶ。

予想士は 、前払いで金を受け取り予想を売る。

信用を失えば最後だ。

45年間(休んだのはたった1日)、真剣勝負の連続でここまで続けることができた。

 

そんなミスターが決めているルールは、「自分で買わない」こと。

仕事中に金を賭けたことは1度もない。

「勝ちたい!」と熱くなると、冷静な予想ができなくなる。

負けないコツを教えてくれた

けれど、それじゃ一般のお客にとっては身もふたもない。

勝負のコツを、と聞いて教えてくれたのが次の三つ。

一、勝負を楽しむ

後ろ向きな気持ちで勝負すると、思いがけず負けがこむことも。

一、相手を知る

楽しむためにも選手や騎手、馬など最低限の研究は必要。

一、考えすぎない

反面、勝ちにこだわって複雑に考えすぎると、返ってよくない結果に。

シンプルなので、スポーツや仕事、受験、なんなら恋愛など、どんなことにも言えそうだ。 (ミスターが次のレースの直前にくれる予想)  

住所まで勝負師!?

物腰やわらかで、チャーミングな人柄にファンは多い。

場内を歩けば、お客や、馬主、ジョッキーの奥さんまで知った顔ばかりだ。

先日は、ジョッキーを目指す高校生が相談に来たとか。

母親がミスターを知っていたようなのだが、予想以外にも何かと頼りにされるのだ。 最後に、勝負師らしいエピソードをもうひとつ。

ミスターの住所は、なんと船橋市「大穴」南!(←本当にある住所)

「予想屋はこういうところに住まないとね。 で、ウチのかあちゃんは、 “おおあな”じゃなくて“ダイアナ(大穴)”ってんだ(ミスター船橋)」

・ ・ ・

ミスターの鉄板ジョーク、ごちそうさまでした!

  (※)船橋の公営ギャンブル近日の開催予定

船橋ケイバ
2016年
・1月18日~22日

ふなばしオート
2015年
・12月23日〜26日(サテライト船橋開設7周年記念)

2016年
・1月15日〜17日(東京スポーツ杯)

中山競馬場

2015年
・12月26日(土) 第5回 中山開催 第7日 1~12R 【10R 中山大障害(J・GⅠ)】

・12月27日(日) 第5回 中山開催 第8日 1~11R 【9R ホープフルS(GⅡ)・10R 有馬記念(GⅠ)】

★WIN5対象レース
 対象第1競走 中山8R
 対象第3競走 中山9R ホープフルS(GⅡ)
 対象第5競走 中山10R 有馬記念(GⅠ)