芸者と線香のお話し

 

昔、芸者さんたちは

 

飲み屋から呼ばれて

 

お客さんのお酒のお相手をしていた

 

それこそ踊りや楽器だけでなく楽しいお話しも。

 

 

そしてその一回に着く時間がだいたい30分

 

キャバクラで言うところのワンセットというやつだ

 

で、その30分を計るのに使っていたのが線香だった

 

だいたい1本30分で使い切るらしい。

 

 

そこから出来た言葉が 『一本立ち』

 

お客に対して30分、自分ひとりで時間をもたせられたら

 

一人前として認められたということだそうです。

 

 

30分もたせられたらっていうけど

30分ってそんなに濃度が高かったのかね?

なんかイケそうな気がするけどね。

 

 

と、30秒の間をもたせられない氷堂でした。

おしまい。