宴会はこちらで決まり!大阪の穴場中華料理店「神仙閣」

おはようございます。如月です。そろそろ秋らしくなり、1年も終わりに近づいてきましたね。そうなると気になるのは忘年会、新年会。そして、そのあとに続く歓送迎会。そんな時にお勧めなお店を見つけてしまいました。それが、大阪神仙閣です。

神仙閣と言うと、神戸では老舗中の老舗の中華料理店で、結婚式や商談会などでよく使われているほど大きなお店なんです。そんなこともあって味にも定評がありますが、大阪の神仙閣は、大阪第一ビルの12階という実に微妙なところに位置しているため、意外と地味な営業になっています。

ですがここ、知る人ぞ知る穴場でもあります。味もさながら、 こちらのコースをうまく選べば価格の安い宴会料理に大変身です。これからの忘年会や新年会にもうまく使えそうですよ。それでは見ていきましょう。

神仙閣は大阪第一ビルの12階にあります

img_1079

こちらが神仙閣です。さすが老舗だけあって堂々たる風貌です。

img_1012

12階の窓からの風景です。ここも昔は大阪の一等地だったのですが、最近はグランフロントにその座を奪われて、第一ビルの方は少し人の流れが少なくなってきているんですよねえ。大きな道路の前に建ってはいるんですけどね。でも、だからこそ穴場でもあるんです。

img_1016

お席はこんな感じ。テーブルクロスもイスも真っ白です。この白さはまさに結婚式などのちゃんとした儀式の時の白です。こんなところだったら、歓送迎会だけでなく、もっとかしこまった時にも使えそうですね。

img_1020

お店は「ザ・中国」という雰囲気が漂っています。

img_1018

こちらは京劇の絵ですね。古き良き中国が感じられました。

img_1024

窓際はこんなに素敵な風景なんです。品の良い雰囲気が感じられますね。

選ぶべきメニューはお昼のカジュアルコースです

img_1061

おすすめコースはお昼のカジュアルコースです。7品ついて1080円です。メニューを見ると結構地味ですが、内容はなかなかでしたよ。

今回は3人で利用してみました。お料理は人数分が一皿に入ってきます。できたものから次々と運ばれてきます。これぞ中華ですよねぇ。回る円卓でそれぞれ取り皿にとって食べます。やっぱり円卓を囲むだけで宴会雰囲気はばっちりですね。

img_1011

テーブルの上には口直しにザーサイとお新香があります。勝手にとって食べます。なくなったらすぐに新しいものを持ってきてくれますよ。

img_1032

こちらがザーサイとお新香です。1つ1つがけっこう大きくて食べごたえがあるんですよ。お料理が来るまでついついバリバリ食べ過ぎてしまいそうです。

待つこと数分ですぐにお料理が運ばれてきました

img_1036

こちらが前菜3種盛り合わせです。チャーシューと根菜の和え物ときゅうりの和えものです。すぐに出てくるので、まずはこちらを酒の肴につまむというのもいいですね。

img_1054

こちらは玉子スープです。1人1カップずつ付いてきます。玉子もしっかり入っておいしいスープでした。

img_1057

こちらはチャーハン。なぜかメニューには白飯とあるのですが、いつもチャーハンです。こちらで3人分、結構なご飯量です。ご飯がパラパラで実においしいんです。チャーハンにうるさい人もきっと納得の一品だと思いますよ。

img_1049

こちらが酢豚です。たけのこ、キクラゲ、にんじんと彩りもよく、酢豚のお肉も手抜きなしの絶品でした。さすが老舗の味だけあります。

img_1039

こちらが青梗菜の炒めものです。青梗菜がつやつやでおいしそうですね。こういう炒め物ってシャキシャキに炒めるのが難しいのですが、強火でサクッと炒めた感じがありますね。湯葉もおいしそうです。実際、青梗菜がシャキシャキしてとってもおいしかったです。味付けもちょうどよく安定した味です。

img_1033

こちらがエビの天ぷらです。カラッと揚がっていてべちゃべちゃしません。揚げ物上手です。

img_1028

こちらが麻婆豆腐です。そんなに辛すぎないしっかり味の付いた麻婆豆腐です。ご飯にあいそう。もう十分おなかがいっぱいです。

いかがでしたでしょうか?デザートがないところがちょっと残念なところですが、大人数での宴会料理にはもってこいだと思いませんか?奇をてらったところはありませんが、正統派中華料理で誰にでも好まれる味だと思います。是非、歓送迎会、忘年会、新年会と食べに行って見てくださいね。

神仙閣の情報はこちら