シャチハタと認印と実印の違いについて

シャチハタ印と認印と実印はどんな違いがあるかご存知ですか。間違った使い方で不備を指摘されたことはありませんか。それぞれの印鑑の特徴と、どんなときにどの印鑑を使用するのが正しいのかをご紹介します。

シャチハタは重要書類には使用できない印鑑です

シャチハタは内部のインクで押印でき手軽な使用感が便利ですが、書類によっては使用できないので要注意です。文字部分が柔らかいゴム素材のため、押したときに陰影が変形する可能性があるからです。

郵便物や宅配の受け取り、回覧板を見た確認など、万が一、陰影が変形しても支障がない書類なら使用できます。また、インクも紫外線に弱く押印したあと退色していくため長期保存する書類には向きません。

以上の理由でシャチハタは他の印鑑と違い、履歴書や各種契約書、市役所での届出などには使用できません。

認印は日常的に使用する印鑑です

認印は印鑑登録をしていない日常的に使用する印鑑を言います。ほとんどの場合認印として使われるのは姓だけの簡単ないわゆる三文判で、文房具店などで簡単に手に入ります。

印鑑証明のいらない書類や出勤簿、市役所などでの手続き、物品の受け取りの印としてなど日常的なあらゆる場面で使われます。

シャチハタでも事足りる書類に認印で押印すると、シャチハタよりきっちりしたイメージや丁寧な印象をもたれるでしょう。

実印は大切な書類に使用される印鑑です

実印とほかの印鑑の大きな違いは、市区町村に提出した印鑑登録申請が受理された印鑑かどうかです。

三文判を実印として使用することも可能ではありますが、特別にあつらえた姓名あるいは姓だけ名だけを彫った印鑑を実印として使用する人が多いです。

実印は、自動車登録、公正書類、貸借証書、遺産相続などの大切な書類作成時に、印鑑証明書の提出を伴った時に使用します。

そのため、文房具店などで誰でも手に入れることのできる三文判を実印として使用することは、避けた方が賢明でしょう。また、銀行届出印などと同じものにせず、登録後は厳重に管理し日常的に持ち出すことのないようにしましょう。

以上のような違いがあるシャチハタ、認印、実印ですが、それぞれ日常的にまたは重要な局面で必要な印鑑です。なるべくなら質の良い自分好みの印鑑を持ちたいですね。