3Dプリンター種類ってどんなのがあるの?

近年あらゆる分野で3D化がすすんでおり、プリンターでも3Dプリンターによって物を立体的に表現できるようになってきました。

3Dプリンターとは

3Dプリンターとは物を立体的に表現することのできる装置のことです。今までのプリンターでは物を表面的にしか表現することができませんでしたが、3Dプリンターによって空間に樹脂などを何層にも重ねて立体的造形物として表現できるようになったのです。

3Dプリンターの種類と特徴

3Dプリンターにはいくつかの種類があります。

一つは熱溶解積層型と呼ばれるタイプのプリンターです。プラスチックの材料を高温で溶かして、材料を出力させながら立体構造を作り上げていきます。

レーザー照射方式と呼ばれるプリンターもあります。光硬化樹脂と呼ばれる紫外線を当てることで硬化する液体樹脂を使用して、立体模型を造形していきます。造形制度が高く、微細な部分まで細かく表現できるのが特徴になります。

3Dプリンターの活用例

3Dプリンターはさまざまな場面で活用されています。製造現場にて試作工程を自社で行うのにも3Dプリンターが用いられているのです。

新たに部品などを製造するときに設計してから試作品を作ることでその評価をしていたためコストも時間もかかっていたのですが、3Dプリンターのお蔭で短期間で試作品を製造することが可能になりました。そのため部品製造までのコストと時間を大きく短縮することができるようになったのです。

また機械の構造をチェックするのにもつかわれています。
部品の整合性や可動ユニットなどの動作確認を行う際にも3Dプリンターにて部品を作って行うことで、問題個所の発見やトラブルの防止に役立ちます。

他にも建築物のプレゼンテーションにも使われています。
建築物は立体的に表現することで、よりその完成した時のイメージがつかみやすくなります。
立体模型を作るよりも3Dプリンターで作成した方が短時間で立体模型も作ることができるのです。