女性ひとりで【こまつなう2018】に行ってきた!

船橋在住歴4年目。独身。アラフォー(前半)。
趣味は旅行。
日常的にふなっしー(梨の妖精)と加藤凌平(体操選手)を溺愛。

そんなわたしが3分休憩の編集のヒョウドウくんから、
「記事を書けばごちそうしてあげる」と言われ。
「野菜不足が解消されるよ」と言われ。

船橋で沸いている栄養満点イベント【こまつなう】に潜入してきた!

 

1軒目:チャンカーオさん(タイ料理)

こまつなう2018
船橋駅北口から徒歩約5分ほど。
住宅街の中にあるチャンカーオさんに潜入。

「こまつなうランチください!!」
こまつなう2018
チャンカーオさんで提供されている「こまつなうランチセット」は、
・小松菜の生春巻き
・小松菜のタコライス
・小松菜プリン
というまさに小松菜づくし!
何かもう、この色味だけで健康に良さそう…。

こまつなう2018
小松菜の生春巻き。
ランチの前菜としてちょうどいい軽さと、さっぱりした味。

こまつなう2018
小松菜のタコライス。
小松菜が超シャキシャキ!(タコスじゃなくて本当に小松菜がシャキシャキしている)
この音で小松菜がいかに新鮮かがよくわかります。 本当の小松菜ってこんな味がするものなのか。。

こまつなう2018
小松菜プリン(上にかかっているのはココナッツミルク)。
このプリンが本当においしかった!
色は完全に小松菜なのに、味がタコライスの時とは逆に小松菜感ゼロ。
いい大人なのに恥ずかしいですが、「健康に良さそうなもの=まずい」と思っていたイメージが一変。
これで小松菜の栄養摂れるんなら毎日食べたい…。

ごちそうさまでした!

2軒目:一九船橋南口本店さん(おしゃれな居酒屋)

こまつなう2018

2軒目に潜入してきたのは、こちらも船橋駅から徒歩3分ほど。
夜に賑やかになる街の一角にある、一九船橋南口本店さん。

「こまつなう食べに来ました!!」

「こまつなうハイボールセットでよろしいですか?」
「アルコールがダメなので、ノンアルコールで小松菜の何か出来ませんか?」
「なら炭酸水で割りましょう!」

アルコールがダメなのに、一人で居酒屋に入る人が珍しかったのか(多分いないでしょうね)、
店員の女の子に一瞬キョトンとされたけれど、 お店のご厚意で、小松菜ソーダ(仮称)をいただきました!

こまつなう2018

こまつなう2018
上の泡の部分はさすが小松菜。
口に含んだ瞬間に健康に良さそうな味(ちょこっとの苦み)と、 噛むとほのかにシャキシャキ。
泡ゾーンを超えてからは健康に良さそうな味は一切なくなって、 すっきりしたサラサラテクスチャ。
(ドロドロしてるように見えますが一切してません)
そしてメインがこちら。

こまつなう2018
小松菜担々焼きそば!
そぼろ、小松菜、辛いシャキシャキねぎ、もやし、豆腐、パクチーを具に、 きしめんのような平たい、「緑」の麺!
麺は固めで程よい歯ごたえ。
担々汁はちょっと辛目ながら、卵をつぶして一緒に食べるとちょうどいい感じです。

ごちそうさまでした!

 

3軒目:BellBさん(カフェ&バー)

「こまつなう」潜入のトリを飾る店は、京成船橋駅から徒歩3分ほどのBellBさん。
辛い物を食べた後に甘いものが欲しくなり、2軒目の一九さんから直行。

「こまつなうのスイーツください!」

こまつなう2018
小松菜とアプリコットのティラミス。 これは食べてびっくり。いい意味で、甘すぎない!
もちろん甘いのだけど、でも甘すぎないからどんどん食べ進んでしまう。
上にかかっているパウダーの部分だけ食べてみると、 やっぱり小松菜。
ちょっと苦めな味が。
それがティラミスの甘さと完璧に融合しています。

ごちそうさまでした!
こまつなう2018

3軒まわった。
小松菜たくさん食べた。
今度は梨食べたいな~(ふなっしーが好きで「梨が好き」っていうとよく「共食い」って言われます)。

これからも船橋の食イベントに期待!!

【その他の船橋関連記事はこちらです