この高級感はんぱじゃない!じゃがりこ贅沢カニだし味を食べてみた

おはようございます。如月です。この前日本海側に遊びに行ってきたのですが、その時に贅沢なじゃがりこを見つけてしまいました。お値段なんと980円。お土産用なら妥当な金額、とはいえ、じゃがりこだと考えれば、かなり高額です。

こちらのじゃがりこ、日本海地区限定でなんとディップつき。じゃがりこにディップをつけて食べるなんてなんてオシャレなんでしょう。これは気になる。どんなすごいものが入ってるんでしょうか?さっそく買ってみたので、レポートします。

日本海限定のじゃがりこは贅沢カニだし味

 じゃーん、こちらが日本海限定じゃがりこです。贅沢カニだし味。カニは確かに贅沢だ。箱の大きさもスーパーで売っている箱菓子の倍はありそうです。お土産としても十分耐えうる外観です。

img_6339

後ろはこんな感じ。なになに?じゃがりこは4袋ですか。1袋あたり計算すると245円。高いなあ。

img_6340

このじゃがりこ、完全にお土産狙いなんでしょうね。ここにもそんな雰囲気が。

img_6341

1袋18グラムかあ。18グラム245円。いや、こういう計算をするのはやめましょう。お菓子の値段なんてあってないようなものなんです。大事なのは味なんです!

箱の中はみんなで分けやすい個装スタイル

img_6342

さっそく開けてみました。小袋に入ったじゃがりこが予定通り4袋入っていて、きちんとプラスチックのトレイに並べて入れられていました。1袋18グラムなのでこんなもんなんでしょうけれど、やっぱり少ないなあ。

img_6343

こんなふうにディップも4つに分かれています。ディップを入れるプラスチックケースも4つあったので、4人分に分けるのは簡単に分けられそうですね。

img_6578

まずはじゃがりこを開けてみましょう。びりびりびり・・・。

img_6346

中はこんな感じ。18グラムってこんな感じなんですね。悲しい。まずは何もつけずに本体のじゃがりこの味を味わいます。うーん、普通のじゃがりこでした。普通のじゃがりこ美味しいですね。

img_6571

やっぱり大事なのはディップですよ!ということで、さっそくディップをプラスチックケースに移してみましょう。ディップを開けてみました。びりびりびり・・・。

img_6572

お?思ったより液体のような?

img_6575

いや、なんだこりゃ?これディップ?

img_6573

これにはびっくり。このディップ、思っていたのとは違っていました。もっとマヨネーズみたいなものを想像していたのですが、このディップ、まるでカニスープのように濃厚なんです。容器に移すなりカニの香りがプンプンしました。なんだこれ?

img_6345

見てください!このディップの濃厚なこと。中にはちらちらとカニ身が浮いていますよ。ほお~~、ちょっと感動です。

ディップの贅沢さにお値段納得  

とりあえず食べてみることに。じゃがりこにディップをつけてみます。

img_6584

ディップをつけたらこんな感じ。濃厚なので意外としっかりくっつきます。  パクっと一口。驚きです!なんだこれ?贅沢カニ味に変身しました!

このディップがカニ味になるマジックだったんですね。一袋に対してこのディップは少し多めです。じゃがりこ1本を何度もつけて食べてようやく全部使い終わる量でした。なるほど、これが980円の意味だったのですね。思わず納得です。

img_6344

これで一人分です。本当にいいダシ出てますよ。

贅沢カニだしじゃがりこ、いかがでしたか?みんながもうすでにおなじみのじゃがりこのご当地版というだけでも十分話題性があるのに、それがこんな高級仕様のカニだし味がときたら、オフィスなどに持っていけば話題になること間違いなしです。日本海地区に行った際にはぜひ買って見てくださいね。

じゃがり贅沢カニだし味の情報はこちら