「ツチノコ」のまとめ!目撃情報や生け捕り懸賞金、起源、町おこし活用etc
KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

「ツチノコ」と言えば思いだす。ドラえもんでのび太が未来からツチノコを連れて来てペットにして飼うという話。

ドラえもんのコミックス17巻に掲載されていたその話でドラえもんは「21世紀の未来ではツチノコのペットブームが来ている」と言っていたので、
その時をワクワクして待っていたのですが、待てど暮らせどツチノコのペットブームが来る気配もなく今日まで来てしまいました。

ツチノコは一体いづこへ。ツチノコ飼いたいよう。ツチノコツチノコツチノコ…と言うわけで、幼い頃より憧れたツチノコへの思いを込めて勝手にツチノコについての記事をまとめてみました♪

ツチノコとは?

ツチノコとは蛇のような姿で、頭が小さくビンのように太い体を持つ未確認動物の一種です。漢字で表記すると「槌の子」ともされるくらい、槌に似た形状をしているのが特徴です。

2メートル程のジャンプ力を持ち、非常に素早く移動し、時にはシャクトリムシのように体を屈伸させて進み、さらにはシッポを自らくわえてドーナツのように丸くなり転がって移動するなどの目撃談が報告されています。

誰が言ったか不明ですが、日本酒が好きで、味噌やスルメ、頭髪を焼くにおいに寄ってくるとも言われています。

頭髪を焼く状況なんて爆発コントぐらいしか思いつきませんが、山奥で一杯やりながら味噌とスルメを焼いていればツチノコの方から寄って来るのでしょうか。

しかしそれで捕獲したという情報はないので、残念ながらツチノコに関しては不確定情報ばかりが独り歩きしている感が否めないのが現状です。

しかし歴史の古さは日本の未確認動物の中でもピカイチで、縄文時代の土器の模様にツチノコに酷似する絵が描かれていたそうです。そればかりではなく「古事記」や「日本書紀」にも登場しているので、もしかすると河童等の妖怪よりも古いかもしれません。さすがツチノコ。

実は全国にあるツチノコの目撃情報

町おこしの観光事業としてツチノコを活用している自治体といえば、岐阜県東白川村が有名です。

もともと岐阜県はツチノコの目撃情報の多発地帯という事もあり「つっちー」と「のこりん」というゆるキャラでPRしたり、村の人口300人に対し2700人もの観光客が集う「つちのこフェスタ」という祭りまで開催しているほど「つちのこ愛」に満ちています。

しかしツチノコは東白川村だけのものではありません。北海道と南西諸島を除く日本全土で目撃情報があります。しかもその目撃例は2000年代に入ってもまだ各所で確認されているのです。

ある時は青森の十和田湖付近で目撃され、またある時は土浦市の町中で目撃されたり、最近の目撃例だと2008年の夏、千葉県白井市の田園地帯で3メートル以上ジャンプしたツチノコらしい生き物の目撃情報が寄せられたとの事です。

また、兵庫県香美町では「美方つちのこ探検隊」が結成され、2006年以降から毎年ツチノコの探索が行われているとか。稀に「ツチノコの死骸」らしきものも発見されていますが、鑑定するとほとんどが外来種のトカゲと判断され、現在までツチノコの発見には至っていないようです。

目指せ一攫千金!ツチノコにかけられた懸賞金

でもまだまだあきらめきれないツチノコ探し。こんなに全国で目撃情報があるのに未だに「ツチノコ生け捕り」のニュースがないのは不思議です。

たまにあったとしてもネタのないスポーツ紙の見出しだったりします。もちろん「ツチノコ生け捕り!」の下の方には「…したら懸賞金!」のような文言が隠れています。

しかし懸賞金のニュースは冗談ではなく、ツチノコ目撃情報多発地帯ではあちこちで「ツチノコ生け捕り懸賞金」を賭けています。

・奈良県下北山村 ツチノコ生捕り賞金  100万円
・岐阜県東白川村 ツチノコ生け捕り賞金 127万円(平成元年から1万ずつ繰り越される)
・兵庫県千種町  ツチノコ生け捕り賞金 3億 
・和歌山県すさみ町ツチノコ生け捕り賞金 1000万円と副賞イノブタ1頭
・学研ムー編集部 ツチノコ生け捕り賞金 100万円
・岡山県吉井町  ツチノコ生け捕り賞金 2000万円

副賞のイノブタ1頭に心ひかれますが、それよりもさすが「学研ムー」。
昔からツチノコ情報を出しているだけあって、ちゃんと懸賞を賭けているのには恐れ入りましてございます。

しかし改めて見てみるとホントに払ってもらえるのか?と思うぐらいの高額ですね。中には懸賞金のための積立をしている自治体もあるそうなので、そんな所は結構本気なのでは?と思ってしまいます。ツチノコのロマンとイノブタを目指してツチノコ探しをするのもいいかも…!

実際の話「ツチノコの正体」についても色々言及されていますが語り継がれているツチノコだからこそかわいい!という人も存在します。いつか自分で見つけられる日が来るまで、正体についての明言はやめておきましょう♪