伊勢志摩サミットが良くわかる19のQ&A。日程や料理以外にもマニアックな情報満載!!

世界が注目する政治の一大イベント「伊勢志摩サミット」。東京の駅や公共施設は、なんとなく物々しい雰囲気になってきましたね。時事問題にもしっかりを目を光らせるオコシです。

ニュース番組や新聞の話題に乗り遅れないよう、基本を押さえておきましょう。

Q1.そもそもサミットってどういう意味?

英語の「summit」は「山頂」「頂上」という意味。先進国のトップが一同に会し、地球規模の課題について話し合います。

Q2.参加国のG7ってなに?

r4566433612f95b84c255748338c43bc0_s

G7は「Group of Seven」の略。G7サミットには日本、米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダの首脳と、EUの欧州理事会議長&欧州委員会委員長が参加します。G7と言っても、7か国首脳とEU代表の2人の合計9人が参加します。

以前は、上記にロシアを加えた「G8」が参加していました。しかし、ウクライナ情勢を受け、2014年以降はロシアが不参加となり、G7サミットとなっています。

Q3.日程と開催場所は?

首脳会議は2016年5月26日~27日の2日間。三重県の伊勢志摩で開催されます。会議場は賢島の志摩観光ホテルが予定されています。

Q4.なぜ伊勢志摩で開催するの?

通常、G7サミットの議長国で、首脳会議が開催されます。議長国は持ち回りで、日本では過去5回のサミットが開催されてきました。東京で3回、北海道の洞爺湖と沖縄で1回ずつ行われています。

日本で行われることが決まっていた2016年の開催地には、仙台市や広島市などが立候補していましたが、最終的に三重県志摩市に。朝日新聞によれば安倍首相は“伊勢神宮がある同県伊勢市を含む伊勢志摩地域について「日本の美しい自然や豊かな文化、伝統を世界のリーダーたちに肌で感じてもらえる場所」と説明した。”とあります。

Q5.みんなで伊勢神宮に行くの?

ということは、各国首脳がそろって伊勢神宮に参拝するんじゃないか、と思いますよね。はい、参拝します。

産経新聞(5/13)は“政府関係者によると、サミットに参加する先進7カ国(G7)首脳が初日の26日午前にそろって伊勢神宮(同県伊勢市)を訪問する日程が固まった”と報じています。

Q6.会場の志摩観光ホテル ってどんなところ?

昭和天皇をはじめ、皇室の方々、要人が多数宿泊された賢島の名ホテルです。昭和を代表する建築家・村野藤吾さんが設計を手がけ、山崎豊子さんの小説「華麗なる一族」の舞台にもなりました。

もちろん、サミットが終われば一般の人も宿泊できます。宿泊プランの確認、予約は志摩観光ホテルHPよりどうぞ。

Q7.伊勢志摩サミットの主なテーマ、議題はなに?

伊勢志摩サミットの公式サイトでは、「世界経済・貿易」「政治・外交問題」「気候変動・エネルギー」「開発」「質の高いインフラ投資」「保健」「女性」がテーマになるとしています。

世界経済では新興国の経済成長の鈍化が懸念されています。テロ、シリア内戦と難民、ウクライナ問題などは当然議題になるでしょう。5月12日にクウェートを訪問した安倍首相は、「中東情勢はサミットの主要課題だ」とはっきり言ったようです(ロイター)。

最近の話題では、「パナマ文書」で注目される税金逃れもテーマになりそうです。

Q8.経済効果は?

三重県が3月に発表した試算によれば、伊勢志摩サミットの経済効果は日本全体で1071億円、うち三重県は480億円とのこと。

たとえば、死角ができやすく警備上の難点があるガードレールをポールに付け替えるなど、関連道路のインフラの整備が行われています。建設業を中心に、地元は「サミット特需」に沸いています(4月18日日経新聞)。

Q9.伊勢志摩以外の富山や倉敷でもサミットが開催?

5月26日・27日の首脳会議だけでなく、4月~10月にかけて関連会合が行われます。4月10日~11日に広島県広島でG7外務大臣会合が行われました。今週末には岡山県倉敷市で教育大臣会合が、富山県富山市で環境大臣会合が開催。首脳会議の後も、9月に兵庫県神戸市(保険大臣)、長野県軽井沢町(交通大臣)で、会合が予定されています。

Q10.アウトリーチってなに?

サミットでは、G7以外の首脳や国際機関も出席し、さまざまな問題を話し合うアウトリーチ会合が恒例となっています。アジアから、ラオス/ベトナム/インドネシア/バングラデシュ/スリランカ/パプアニューギニアの首脳が、さらにアフリカ連合の議長国であるチャド共和国の首脳が招待されています。また、国際連合の潘基文事務総長をあじめ、国際通貨基金(IMF)や経済協力開発機構(OECD)のトップも訪れる予定です。

Q11.テーマソングがある?

三重県出身のシンガーソングライター平井堅さんが、「応援ソング」を制作。タイトルは「TIME」、すでにライブでは披露されておりサミット開催前日の5月25日に発売予定です。「人が生まれてから土に返るまでの一生の流れを表現した」バラードだそうです(4/16 SANSPO.COM

Q12.ロゴマークは?

伊勢志摩サミットのステキなロゴマークは、全国の小中高生、特別支援学校の児童生徒から7084作品の応募がありました。佐藤可士和さん、ドン小西さんらが推薦した6作品の中から、2015年12月に安倍総理が決定しました。

作者は、当時大分県立鶴崎工業高校3年の宇津宮志歩(うつみやしほ)さん。日の丸を中心に、7枚の桜の花びらはG7を、ブルーの背景は伊勢志摩の海を表現しているそうです。

Q13.キャラクターがいる?

さすがに、伊勢志摩サミットのキャラまではつくられていません。しかし、地元の志摩市が昨年公認キャラにした「碧志摩メグ」をめぐって一悶着が起こりました。

海女をモチーフにした萌えキャラが「セクシーすぎる!」と批判を受け、公認取り消しに。非公認となっても、メグちゃんは元気に活躍中ですよ!

碧志摩メグ公式サイト

Q14.どんな日本酒で乾杯する?

サミットで注目されるのが、夕食会の乾杯酒です。前回日本で開催された洞爺湖サミットでは、静岡県焼津市・磯自慢酒造の純米大吟醸酒が選ばれました。外務省関係者がテイスティングして銘柄を決めたそうです。

今回は、どのお酒になるか、まだわかりませんが、朝日新聞によれば外務省幹部が「三重県内の日本酒を使いたい」と発言しているそうです。三重のお酒と言えば、名張市にある木屋正酒造の「而今」ではないかと、3分休憩は勝手に予想しています。

Q15.料理は何が出る?

お酒と同時に、当然話題になるのが料理です。調理法まではわかりませんが、土地の名物が出されるであろうことは容易に想像できます。三重県は約360品目の食材リストを、すでに外務省に提出しているそうです。

「伊勢海老」というくらいですから、間違いなく採用されるでしょう。アワビもしかり。県無形民俗文化財に指定される地元の海女漁文化と絡めて、各国の首脳に紹介されるのではないでしょうか。

r20141225-161341.noresize

三重県の特産としては、松坂牛もカタいところです。または、大穴で伊賀牛があり得るかもしれません。広く知られてはいませんが、とてもおいしい和牛です。

また、伊勢志摩の郷土料理として、手こね寿司が有力ではないかと予想しています。

rてこね.noresize

Q16.フォトコンテストがある?

伊勢志摩サミットを記念して、伊勢志摩サミット「世界に届けたい日本」フォトコンテストが開催されました。

入選作を収録した写真集をダウンロードできます。日本の美しい風景、人、文化を収めた写真の数々、一見の価値ありです。

Q18.記念切手がある?

2016年4月26日に、伊勢志摩サミットを記念した特殊切手が発売されました。その名も「伊勢志摩サミット」。1シート10枚820円で、140万シートが販売されています。

日本郵政のホームページからチェックしてみてください。

Q19.うつのみや餃子サミットとの関係は?

伊勢志摩サミットに先立つ5月21日・22日の2日間、「うつのみや餃子サミット」が開催されます!

議長国「宇都宮餃子国」のホームに、「ふくしま餃子国」「浜松餃子国」など、餃子先進国「G10」のトップが集結! 地球規模の重要課題である餃子問題について考えるという意味で、先進国首脳会議と同等か、それ以上の重要な催しであると言われています。

また、伊勢志摩サミットの開催地である三重県から「津ぎょうざ国」も参加します。津ぎょうざは、直径15cmもの巨大な皮であんを包み、油で揚げる餃子。地元のソウルフード枠で、夕食会はじめ、各国首脳の口に入る可能性があります。

改めて、伊勢志摩サミットとうつのみや餃子サミットには、深い関係があるのです。