又吉「火花」と太宰「走れメロス」をつなぐ残念なお話

小説「火花」が売れに売れている。

著者の又吉直樹さんといえば、太宰治ファンとして有名。

太宰ゆかりの船橋(作家デビューのころ療養のため滞在した)で、
その人となりを研究する海老原義憲さんが、
かの有名な「走れメロス」と、又吉さんの「火花」をつなぐ
おもしろいエピソードを教えてくれた。

キーワードは熱海

「火花」は、冒頭もクライマックスも、熱海の花火大会が舞台になっている。 hanabi 主人公が「師匠」と慕う男性芸人「神谷さん」に熱海で出会い、
紆余曲折を経て、
熱海の旅館の露天風呂で揺れる 「神谷さん」のおっぱいで
物語が締めくくられる。

海老原さんによれば、実は太宰も熱海には浅からぬ因縁がある。

「走れメロス」は、太宰が熱海で起こした「事件」が元になっているというのだ。

走れメロスの元ネタとは?

メロスは友情と勇気の美談だが、元はなんとも情けない話だ。

太宰と、友人で作家の檀一雄が熱海で豪遊したが、持ち金がつきて代金が払えなくなった。

太宰は、壇を人質として熱海に置き、ひとり東京へ金策に走る。

もちろん、熱海に戻って金を払うためだ。

ここまではメロスによく似た話だが、実際の太宰は一向に熱海へ戻って来ない。

しびれを切らした熱海の置屋と壇が東京へ催促に行くと、
太宰は先輩作家の井伏鱒二と、のんびり将棋を打っていた。

借金の申し出を、切り出せなかったのだ。

壇は鬼の形相で迫ったに違いない。

そこで、太宰が言い放ったひとことが

「待つ身がつらいかね、待たせる身がつらいかね(待っているほうより、待たせるほうがつらいんじゃい!)」 dazai_osamu 潔いまでの開き直りは、メロスとは正反対じゃないか!

けれど、この性格の悪さ(?)に人間味を感じないだろうか?

太宰は、このヒドイ逸話を、 どんな気持ちで感動の友情物語に仕立てたのか・・・・・・。

と、考えると作品にもがぜん興味が湧いてくる。

作者の人となりを知るのも、小説の楽しみ方のひとつ。

その点、又吉さんは芸人さんでもあるから都合がよい。

テレビをじっくり観察すると、「火花」や後に続く作品が ますますおもしろくなりそうだ。