2016年7月から9月 ドラマ

月曜日

『好きな人がいること』
・ここ最近毎年、この感じの夏ドラマもフジは持ってくる感じ。三角関係と今旬な人とロケ地を海辺を使ってのパターン。3回まで見てやめた。
※同系ドラマ ブザービート、恋仲、サマーヌードなど

火曜日

『せいせいするほど愛してる』
・最近ひとクールに一つ入る不倫もの。世の芸能人が不倫で騒がれてるなか、そのブームに便乗したいのか、まったく道理が通ってないのだが主演に好感度が良い人、不倫されちゃう側にイメージが悪い人が演じるとドラマが成立するのが面白い。

『異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』
・毎回のごとく、異常犯罪者に主人公が捕まるのだが必ず間一髪で助かるドラマ。旬の波留を使って視聴率はあると思うがイマイチこのパターンになじめない。

水曜日

『刑事7人』
・人情系刑事ドラマ。むかしのはぐれ刑事を思い浮かべるのは私だけだろうか。可もなく不可もなくシリーズ化して長く続きそう。

『家を売る女』
・北川景子の顔にすべてが集約してるドラマ。美人女優が毎回ゴーという変顔で気持ちを掴む、こっけいだけどついつい見ちゃう。イモトアヤコのクズ社員っぷりがたまらなく面白いのもグッド。

木曜日

『女たちの特捜最前線』
・主演が高島礼子でダンナ様があんな事件を犯した時期に警察官とはなんとも皮肉。気持ちが乗らず観れなかった。

『はじめまして、愛してます』
・虐待を受けて言葉を話せなくなってしまった子を引き取り育てる特別養子縁組の話し。なぜかいろいろリンクしてしまい毎回泣かされてしまっているドラマ。気軽に観ると少し重い内容だが江口洋介の明るくふるまうキャラでそれほど暗くならずに見れる。人が普通に家族を形成できる幸せを改めて思いしった。

『営業部長・吉良奈津子』
・単純に松島菜々子が偉そうにみえてもう7~8年彼女が主演するドラマ・映画は観ていない。きっとこれからも観れない。

『遺産相続弁護士 柿崎真一』
・大好きな俳優三上博史主演で初回をみたがあまりにも劣化が激しくて見てられず放送15分くらいで観るのをやめた。年を取って渋みを増したというより劣化した、自分にはそうとれたので大好きな俳優は大好きなままでいてほしいので観るのをやめた。

金曜日

『神の舌を持つ男』
・かなりの期待を持っていたがやはりそうそう簡単にヒット作は出ないんだなぁと言う感じ。机上の上での展開はテレビではうまくかみ合わない。そう感じた人も多いのではないか。木村文乃のコスプレが唯一の視聴率確保か。

『グラメ』
・溜め撮りしていてみてないが、剛力彩芽のドラマでヒットした面白いドラマは頭には出てこない。予告を見る限りでも面白そうではないが、ドラマ内で手軽に出来るレシピを紹介していたら続けてみるかもしれない。

土曜日

『時をかける少女』
・第一話をみて演技のへたくそさとストーリーにオリジナルさがあまりなく一回目の放送途中で放棄。土曜21時の学生枠だから仕方ないか。

日曜日

『仰げば尊し』
・ありきたりヤンキーの感動ドラマで第一回目を観て放棄

『HOPE』
・ゆとりですかの勢いを借りるつもりだったのだろうが全然おもしろさがないユトリにいらいらして放棄。ドラマの世界だけにしてほしい。

『そして誰もいなくなった』
・ここに来てマイナンバー制度話し。いままで出なかったのが不思議と思うテーマ。昔、サンドラブロックが主演した『インターネット』という映画を思い出した。どうやって自分を自分と証明していくのか。楽しみである。