上司に取り入れられる方法

別に媚びを売って生きる必要はないし

自分自身のスピードとルールで仕事をすれば良いと思う。

無人島で1人で生きていくなら。

 

 

現代社会において他人と関わらずに仕事するのは皆無に近い。

ましてや上とか下とかは人間的にはないけれども

お客様や下請けなどで、多少の縦の関係はある。

前置きは置いておいて今日の言いたいことは

怒られないように意識してるより、褒められることを意識しろ

言葉通り。

もちろん、僕はごうまんでわがままですぐに怒ってしまう人間です。

そんなお前が言うなと言われるのも重々承知で言っております。

 

それでも怒られないように当たり障りない事だけしてるより

こいつうるせぇなぁと思われようとガンガンとアピールしていくべき。

そんなことは誰もがやってんだよ!と言われても

相手が意識が高いならそれはいつか

うるせぇ奴からかわいい奴に変わるから。

 

それを媚びてるなんて批判する

サイレントマジョリティーは放っておきましょー

人のためになることはガンガンやって行きましょう!!!

※但し、自分なりの『こうした方が良いと思う!』と考えぬいた
理由をしっかり持つことは忘れずに。

ということで、最後は上司に取り入れられると言うより

世の中の誰もに適応する形になっちゃった。