君は僕の戦友

彼と初めて電話で話したのはまだ肌寒い3月

担当案件になってすぐに電話した。

 

少し声高で僕より少し年下だろうか

だけど受け答えはしっかりしていて

話しも分かる良い奴だなぁと思ったのが

一番 始めの印象。

 

店頭の看板の故障を

ビルオーナーのいお金で

どうにかしてもらえないかと

相談したんだっけかな。

それからは家賃交渉、契約のこと

多分、今年 50回は電話で話しただろか。

互いに定休日がなく小まめに電話を重ねた。

まるで中学生の付き合いたてのカップルのように。

 

そんな彼と今日初めて会った。

契約締結 最後の受け渡し。

 

これだけ電話で話した相手なのに

初めてお互いに顔を見るので

なぜか妙に照れくさい。

 

思い返せば

時には敵になり、時に味方になり

様々なことがあったこの半年。

 

本当に親身に僕の話に耳を傾けて

ビルオーナーとも戦ってくれた。

 

 

ありがとう

君は僕の人生の中で出会った

戦友の1人です。

 

 

ただオッさんやったのね〜

 

※写真はもう二度と行くことはない亀有の両さんの後ろで敬礼。