AとBの選択肢

AとBの選択肢しかなくて、そのどちらかを選ばないといけない形よりも

 

アルファベットかカタカナかそういう選択が出来るほうが楽しい。

 

毎日、なんらかの仕事をして何らかの食事をして睡眠をとる。

 

形や場所や時間が違うにしろ、人間という生き物はそんなことを

 

生まれてから死ぬまで繰り返す。

 

人生というものは悲しいかな、リミットがあるものである。

 

同じことを繰り返しても、変化に飛んだ毎日でも

 

みんなリミットがある。

 

今 抱えてる問題は永久に続くのか、明日には晴れるのか

 

それはその人次第であるが、悲しみながら生きるのは

 

あまりにも、もったいないじゃないか。

 

自分が楽しく生きるには自分の脳がすべての気持ちを司る

 

悪であると理解すること、向き合うこと

 

この脳というやつに支配されてることに気づき

 

すべての つまらないと思うことから抜け出せたら

 

毎日が楽しすぎて笑いすぎて死んでしまうのかな

 

そんなことを考えながらお昼ご飯を食べていた。