誘い水

世にいう『太陽と北風』である

 

世の中に溢れかえる情報

 

皆が自分が自分がとふりかける情報

 

コンピュータの画面には溢れんばかりの広告

 

店頭に掲げた本日ビール100円引き

 

日曜日の新聞の折り込みチラシの厚さ

 

皆が豊かになりお得ですよの情報が黄砂のように降りかかり

 

果たしてみんなが幸せになっているのだろうか?

 

情報を垂れ流し、広告を山のように画面にちりばめている人は

 

果たして自分でもその広告を開いているのだろうか?

 

北風が旅人の服を脱がそうと

 

必死になってピューピューと吹いているが

 

結局は太陽が勝つという話し

 

人に見てもらいたいなら

 

人に集まって欲しいなら

 

人に読んでもらいたいなら

 

自分ならこうするなぁと

 

まずは考えるべきなのではないだろうか?