私が思う判断力とは

判断力ってなんだろう。

 

Wikipediaさまによると

判断力(はんだんりょく)とは、物事について個人的な判断をなすことのできる能力のことである。 それは、可能性、能力の問題でもあるといわれる。

まぁ、いわゆる自分ひとりで判断することができるかどうかのことだ。そして判断力のない人は世の中にはいない。そりゃそうだろう、二択あればどちらかを示すだけなのだから。でも出来ない人いるよね。その理由の不快部分は失敗したくないから判断できないってことなんだよね。

では、失敗とはなんだろう?その選んだ結果で利益が出なかったとき?選んだ結果で生命が脅かされて時?選んだ結果で人に迷惑が掛かったとき? まぁ様様なんだろう。

失敗をしたくないから選択できない、判断出来ないとなるとどうやって生きてきたんだろう。誰かが導いてくれたのか、ある意味は選択によってダメージを受けるシーンには立ち会わなかったのか。

ひとの生き方、育ち方はみんな違って誰一人おんなじ環境なんてないんだからそこは置いておいて大事なのは判断力を付けるために自ら進んで判断をするということをしていかなければならないってことだ。

人は恋をして結婚をして子供を産んで家族を形成し、その子がまた恋をして家族を作っていく。子供を作るのが正しいとか結婚が正しいとかそういう話ではなくて、どこかで大事な判断はしていかなければならない。自分で決められない人に任せた判断ほど後からひとのせいにすることはない。自分で決めたならそんな結果でも受け入れる。

まぁ、その嫌な場合だったときの結果を受け入れたくないから判断が出来ないって言うんだよね。あれ!また振り出しに戻ってしまった。笑

結局、答えなんてないからこんな感じでつらつら書いててもいいと思うんだけど、僕自身は自分の判断に後悔しないということを人生のモットーにしてるので、たまには良いことでも書いてやろうくらいに思ったが大した意見もなかったのでこんな感じで終わりそうです。笑

小さなカミングアウトなんだけどね、僕の方には『後悔しない人生』と小さなタトゥーが入ってます。お風呂に入るときにしか見えないものなんですが。これは30歳の時に入れました。それまではいろいろ挑戦してはその度に後悔の念が多くて、そのうち生まれて来たことさえも親のことさえも後悔しはじめた時期があって、これでは人生楽しくない、自分の判断に全て責任を持つ、後悔しない人生を送る!そう決めた時に入れました。別に入れなくてもいいんじゃね?とよく言われてましたが僕自身揺るがない決断に対する行動がしたかったんですね~、僕も案外、意思がその時は弱かったから。

ということで判断力とはどうしたら持てるかわかりませんが僕なりの結論は今までのたくさんの経験とすり合わせながらその選択による結果がどうなるか予想して決める。もし間違っていても、その時自分が出来る精いっぱいの試行錯誤をしたなら、それ以上のナイスな考え方は出来ないんだからと全てを受け入れます。 

と、つらつら書いて今日は終わり。

※アイキャッチ、最近あまり写真を撮ってないからで何の関係もないです。